welcome to www.unisec.jp
university space engineering consortium
UNISECについて UNISON / UNISAS 参加・応援する方法 FAQ サイトマップ / English

その他のご質問はこちらまで:
Q:UNISECとは何の略ですか?
University Space Engineering Consortiumの略です。
日本語では、大学宇宙工学コンソーシアムと称しています。
この名前は実は、UNI=1、SEC=秒、をかけており、「1秒に賭ける」という気持ちをこめています。 打上げのときや、衛星が宇宙空間で分離するときなど、ほんの一瞬で、それまでの何年もの努力の成否が決まってしまいます。この「すべてをやりつくして祈る瞬間」こそが、宇宙開発の醍醐味で、成功したときには濃密な喜びを味わえます。
[UNISECについて]
Q:UNISECに入るメリットは何ですか?
研究室・団体がUNISECに加盟するメリット(詳しくはこちら)
  • リアルな宇宙開発を自分の手でできる。
  • 缶サットコンペやローバーコンペ、ロケット打上げなどを企画できる。
  • 他団体の活動を知ることにより、モチベーションがあがる。
  • ワークショップ等を通じ、他団体の学生との技術交流・提携ができる。
  • 法的サポート、マネジメント、資金調達方法等のサポートが得られる。
  • UNISECとしての枠組みでの大きなプロジェクトに参加できる。

    一般の方がUNISECに入るメリット(詳しくはこちら)
  • ご自分の宇宙への「夢」を実現できる可能性がある。
  • 未来の宇宙開発を担う若者の教育に関わることができる。
  • 宇宙関係の生の情報が手に入る。
  • 学生の宇宙イベントに運営側として参加できる。

    法人としてUNISECに入るメリット(詳しくはこちら)
  • 適性のある学生・質の高い学生のリクルーティングに役立つ。
  • 宇宙開発技術の習得
  • 宇宙ビジネスへのアクセス
  • 御社のイメージアップ
  • Q:文系ですが、宇宙開発に興味があります。UNISECの活動に参加したいのですが、どうすればいいですか?
    いくつも方法があります。
    1. 文系の学生が活躍している学生団体 (宇宙開発フォーラム(SDF)など)がUNISECに登録していますので、そこに入っていっしょに活動する。詳細は参加メンバーのページをご覧下さい。
    2. UNISEC事務局では常にお手伝いいただける方を募集していますので、運営側として参加していただくこともできます。
    3. 自ら学生団体を立ち上げて、UNISECに参加する。
    4. その他、もっとよい方法を考えつく。
    参加手続きは登録ページをご覧ください。
    Q:理科系の研究室に所属し、宇宙に興味があります。研究室として今後宇宙開発に関連した研究を進める予定です。UNISECに参加する時点で、何か特別な技術など必要でしょうか?どのようなレベルで参加できますか?
    特に必要なく、初心者でも大丈夫です。
    4月に団体を立ち上げて、8月にはカムバックコンペに出場した秋田大のような例もあります。
    Q:母校訪問プロジェクトに興味があります。卒業生にUNISEC会員がいるか分からないのですが、わが校でUNISECの活動について、講演していただくことは可能でしょうか。
    可能です。卒業生がいない場合には、最寄の大学の学生になるかと思います。
    まずは事務局までご一報ください。
    Q:参加研究室で成果が出たときに、UNISECのウェブサイトで紹介してもらえますか?
    はい、リンクをはるなどして、内容のご紹介ができます。
    Q:UNISECウェブサイトにリンクしてもよろしいでしょうか?
    A: はい。ただし、アダルトサイト、公序良俗に反したサイトなどの例外を除きます。
    リンクを張る際は下記の条件を守っていただくよう、お願いします。
    1. リンクするURLは必ずhttp://www.unisec.jpにしてください。
    2. 「UNISEC」または「大学宇宙工学コンソーシアム」の文字列を変更しないで下さい。
    その他のご質問はこちらまで:
    UNISECについて | プレスリリース | 活動履歴 | ライブラリ
    メンバー紹介 | 会員登録 | 今後の予定 | 情報広場 | サイトマップ | ENGLISH
    (c) University Space Engineering Consortium, all rights reserved
    index.html
    welcome to www.unisec.jp