welcome to www.unisec.jp
university space engineering consortium
UNISECについて UNISON / UNISAS 参加・応援する方法 FAQ サイトマップ / English

UNISECについて

大学宇宙工学コンソーシアム(University Space Engineering Consortium, UNISEC)は、大学・高専学生による手作り衛星(超小型衛星)や缶サット(超小型の模擬人工衛星)、ロケットなど宇宙工学の分野で、”実践的な”教育活動の実現を支援することを目的とする特定非営利活動法人(NPO)です。 2002年4月に「大学衛星コンソーシアム」と「ハイブリッドロケットグループ」を統合しUNISECを設立。 2003年2月にNPO法人として認定され、現在は50大学・高専から70団体が参加し、学生会員は900名を超えています。

UNISECについて

現在は、従来からの加盟大学・高専の学生への支援活動に加え、「ほどよしプロジェクト」の研究活動を行っています。 またUNISECは、「超小型衛星」を利用した実践的な宇宙工学教育が、他の国々での教育にも役立つのではないかと考え、2011年「100カ国構想 Vision 2020-100」を発表。より広く海外の大学や研究機関等との協力体制を築き、宇宙工学教育の実現・普及に貢献して参ります

沿革
2001年大学衛星コンソーシアム設立
2002年ハイブリッドロケットグループと合併して、大学宇宙工学コンソーシアムと改称
2003年NPO法人の認可を取得
2003年学生団体UNISON設立
2006年卒業生組織UNISAS設立
2006年UNISECの宇宙教育への貢献により、八坂理事長が国際宇宙航行連盟(International Astronautical Federation, IAF)よりThe Frank J. Malina Astronautics medalを授与される
2010年 「ほどよしプロジェクト」に参画
2011年UNISEC国際委員会設立
「100カ国構想 Vision 2020-100」を発表
2012年 UNISEC国際委員会アドバイザリーボードを設置
2013年 UNISEC創立10周年記念イベントを開催
東京都より「認定特定非営利活動法人」として仮認定を受ける
第1回UNISEC世界大会(1st UNISEC-Global Meeting)を開催

UNISECについて | プレスリリース | 活動履歴 | ライブラリ
メンバー紹介 | 会員登録 | 今後の予定 | 情報広場 | サイトマップ | ENGLISH
(c) University Space Engineering Consortium, all rights reserved
index.html
welcome to www.unisec.jp