welcome to www.unisec.jp
university space engineering consortium
UNISECについて UNISON 参加・応援する方法 FAQ サイトマップ / English

2015年度UNISEC宇宙工学講座(15-A92) ※中止

科目コード15-A92 科目名システム安全の基礎と応用
〜CubeSatのハザード管理の事例紹介と設計のポイント〜
講師 南部 陽介
(大阪府立大学 助教)
講義概要又は目的

相乗り小型衛星が直面する大きな壁:システム安全の基礎と応用について,実例を交えて解説する.

「安全審査」という言葉を聞いたことがあると思います.
相乗り小型衛星は,主衛星およびロケット,並びに関係する人員や射場等に対して「安全」であることを事前に示し,主衛星開発機関の合意を得ることなしには,宇宙へ運ばれません. では,いかにして「安全なシステム」であることを示せば,その主張が正しいと認めてもらえるのでしょう? 残念ながら,その問いに答えてくれる教科書はありません. 参考になる文書があったとしても,大学生が手軽に読めるようなものではありません.
そこで,本講座では,2014年2月にH-IIAロケット23号機により打ち上げられた超小型衛星OPUSATの開発経験を元に,システム安全の基礎と応用について,極力わかりやすく解説します.

対象者 航空宇宙工学に興味のある高専生、大学生、大学院生、社会人
開催日時 10/24(土)
1時限目13:30-15:00
2時限目15:15-16:45
10/25(日)
3時限目9:15-10:45
4時限目10:55-12:25 ※4試験・認定書授与も含む
開催場所東京工業大学キャンパスコミュニケーションセンター(CIC、東京田町)多目的室1
授業料一般社会人
UNISEC会員
※法人会員の会員枠は1団体3名まで
43,200円 (うち消費税3,200円)
非会員54,000円 (うち消費税4,000円)
学生
UNISON(学生会員)10,800円 (うち消費税800円)
非会員21,600円 (うち消費税1,600円)
その他
  1. 講義資料は授業料に含まれる
  2. 請求書、領収書発行可能
  3. 認定書を発行(試験に合格した場合)
申込み方法 下記登録フォームよりお申し込みください。
UNISEC宇宙工学講座申し込みフォーム

こちらの講座は中止となりました。
問い合わせ先 UNISEC事務局 常盤猛男
E-mail:tokiwa(at)unisec.jp
※(at)の部分を@に変換してお送りください。
TEL:03-5800-6645 FAX:03-3868-2208
〒113-0032 東京都文京区弥生2-3-2

注)
・当日の会場内にてUNISEC事務局による映像収録、写真撮影を行います。映像・写真は許諾なくWeb サイト、ソーシャルメディア等を使用した広報手段、各種資料等に用いられることがございます。
予めご了承ください。


戻る

UNISECについて | プレスリリース | 活動履歴 | ライブラリ
メンバー紹介 | 会員登録 | 今後の予定 | 情報広場 | サイトマップ | ENGLISH
(c) University Space Engineering Consortium, All rights reserved.
index.html
welcome to www.unisec.jp